活動日記

新しい子どもたちとよみました「ぽんちんぱん」

アバター

一緒に声を出したいと思い選んだ本

「ぽんちんぱん」柿木原政広 (福音館書店)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぽんちんぱん/柿木原政広【合計3000円以上で送料無料】
価格:880円(税込、送料別) (2020/11/21時点)

楽天で購入

 

 

最近の活動記録からーーーー

今日は初めて行くブラジル人学校。大変だ!就学前の子どもから14,5歳の子どももいる。初めて出会う子ども達、大きい子も小さい子もいる。ドキドキしながら、とりあえず、一緒に声を出したいと思いこの本を選ぶ。

ぽんちんぱんという言葉を一緒に口ずさみながら、ユーモラスな顔つきのパンの顔を眺めるだけのこの本。気合を入れて、「ぽんちんぱん、はい」と言って子どもたちにも同じように口ずさむように促す。私の気合に押されたのか、子どもたちも付き合ってくれる。よかった、大きい子どもたちも楽しそうだ。

ページが進みにつれ、子どもたちもだんだん波に乗ってくるのがわかる。この本は不思議だ。一体感があっという間に生まれる。理屈抜き、なんだかわからないけど、独特の音感についつい読み手も聞いているほうも引き込まれていく。魔法の絵本だ。子どもたちと少し仲良くなれたかな。 (さびねこ)

ABOUT ME
アバター
さびねこ
日本語教師。外国人の子ども達のためにどんな絵本が良いかいつも考えている絵本専門士でもある。週末は猫と遊び、テニスを楽しむ。北海道出身。