活動日記

なまえのないねこ 竹下文子・文 町田尚子・絵 小峰書店

久しぶりにずっと手元に置きたい、子どもたちにも読みたい絵本が増えました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なまえのないねこ [ 竹下文子 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/11/21時点)

楽天で購入

 

 

名前のない一人ぼっちの猫が、自分の名前を探して町を歩きます。今回は日本語を勉強中のブラジルの子どもたちに、ブラジル人の先生にポルトガル語で説明してもらいながら読み進めました。みんなしっかりじっくり見入って聞き入ってくれました。読んだ後は少し、しんみり。

あ、いつもは騒がしいほど元気いっぱいの子どもたちが、シーンと静まり返りました。私は感想は求めず、ただそっと本を閉じて終えました。

猫の目がメロン色なんだという場面で、そうかそうか。メロンの色なんだと少しわかったような顔をしたけれど、どのくらい理解できたのかな。理解できなくても、何か感じてくれたかな。

たまには好きな本を読んで、反応も求めず帰ってくるのも良いのかなと思いましました。一人の男の子が、読後にこの本を手に取ってじっと眺めなおしていました。 (さびねこ)

 

なまえのないねこ

ABOUT ME
アバター
さびねこ
日本語教師。外国人の子ども達のためにどんな絵本が良いかいつも考えている絵本専門士でもある。週末は猫と遊び、テニスを楽しむ。北海道出身。