絵本の紹介

多言語対応が可能な貴重な絵本「かいじゅうたちのいるところ」

日本語とポルトガル語と英語で読んでみた絵本

読み聞かせ先の子どもたちは、年齢も母語もさまざまです。今日は、小学校低学年から中学生までの四人と少なく、母語(もしくは通訳さんとの共通言語)が英語とポルトガル語だけでした。

これはチャンスです!通訳さんに手伝ってもらい、1ページずつ日本語→ポルトガル語→英語の順に読むことにしました。絵本は「かいじゅうたちのいるところ」です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

かいじゅうたちのいるところ [ モーリス・センダック ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2020/7/31時点)

 

世界中で愛されるベストセラー絵本

いたずら好きのマックスは、おかあさんに「この かいじゅう!」とおこられて夕飯抜きで寝室に放り込まれてしまいます。するとその寝室に、「にょきり にょきりと きが はえだして、」…「すっかり もりや のはら。」 その後船に乗ったマックスは、もう一つの世界「かいじゅうたちの いるところ」にたどり着きます。さてさて、マックスはどうなるのでしょうか。家に帰れるのでしょうか?夕ご飯は?

この絵本は世界中で愛されている大ベストセラーです。映画にもなりました。お話はシンプルで、マックスは等身大の子どもです。そして何と言っても、繊細に描かれた不思議で少し怖い怪獣たちが魅力的!その魅力は読む子の年齢を問いません。

また、マックスが怪獣たちと歌い踊り遊ぶ場面では、言葉はなく絵だけです。子どもたちは、1ページずつ魅力的な絵を楽しみ、慣れ親しんだ言葉で聞きます。その様子は静かで集中していて、無理なくお話の中にいるようでした。日本語だけの読み聞かせの時とは明らかに違う反応です。読み手の私を通してではなく、直接絵本の世界に入ることができるからでしょう。

絵本が魅力的なこと。子どもがストレスを感じずに理解できる言語の翻訳版があること。

「かいじゅうたちのいるところ」は読み聞かせをする私たちにとって、この二つの条件を満たしてくれる、数少ない大切な絵本です。(ぶどう)

 

ABOUT ME
アバター
さびねこ
日本語教師。外国から来たの子どものためにどんな絵本が良いか、いつも考えている。絵本専門士でもある。週末は猫と遊び、テニスを楽しむ。